サステナビリティ

環境 Environment

意識改善の支援

CSR責任者・管理者教育・CSRマネジメント監査

日本テクノグループ全体に環境・CSRへの認識を高めるため、トップマネジメントレビューでの決定事項を踏まえ、階層別、職能別教育を実施しています。環境分野においては、気候変動への取組み、持続可能な資源の利用、生態系の保護と各部門でグループワークを実施し、環境マネジメントシステムや環境活動の継続的改善に努めています。また、内部監査室はCSRマネジメントの有効性を確認するために各部門の責任者・管理者向けにCSRマネジメント監査を実施し評価をおこなっています。また、全社においてe-ラーニングで環境の理解度のチェックを行う効果測定を実施しています。2018年度から行なわれたこの効果測定の実施率は毎年95パーセント以上となり、環境分野からSDGs・ESG分野まで幅広い知識と認識の向上に努めています。

【教育別】教育実施責任者と教育対象者

教育種別 実施責任者 教育対象者 実施時期 教育時間
(延べ)
一般教育 責任者・管理者教育 CSV・CSR推進課 CSR部門責任者・管理者 2月~4月 128時間
部門員教育 CSR部門責任者・管理者 部門に所属する従業員  5月 62時間
新人責任者・管理者教育 CSV・CSR推進課 新人責任者・管理者 異動日~3カ月以内 3時間
補修教育 CSV・CSR推進課 CSR部門責任者・管理者  9月~10月 0時間
特定教育 内部監査員教育 CSV・CSR推進課 内部監査員 2月頃 3時間
CSRアドバイザー教育 CSV・CSR推進課 CSRアドバイザー 8月頃 11時間

2018年度 全社 効果測定結果

実施率 未実施者数 平均点
第1回(6月) 95.7% 47名 83.8点
第2回(12月) 96.8% 33名 89.0点

2019年度 全社 効果測定結果

実施率 未実施者数 平均点
第1回(6月) 97.3% 28名 91.9点
第2回(12月) 97.7% 24名 90.1点

環境コミュニケーション

当社のCSV・CSR推進課では、全部門の環境マネジメント目標に関する実績値を記した「環境パフォーマンスデータ」を全従業員に毎月配信しています。全63部門で使用している電気、紙、ガソリンなどの使用量を集計し、現況と改善案(原因・対策)を共有しています。
また、社内コミュニケーションツールとして社内報「環境の輪」を年4回配信しています。内容は、SDGs、COOL CHOICEの取り組み事例、その他ESG分野の自社・他社事例です。配信後はアンケートを実施し、各拠点で行いたい環境・CSR活動や、今後に向けた意見などを集計し、掲載内容の継続的な改善に努めています。社外の環境・CSRの情報に関しても「環境の輪」を通じ、情報の共有を図っています。

CSV・CSR推進課からの情報発信

カテゴリー 頻度 内容 対象者/配信方法
環境パフォーマンスデータ 毎月 各部門の「電気」「紙」「燃費」のデータを元に、
CO2の排出量や拠点の増減率の原因をまとめたもの。
全役員・従業員/
メール配信
環境の輪 SDGs 四半期ごと
(1・4・7・10月)
CSRやSDGsに関する内容を配信。
COOL CHOICE 同上 脱炭素社会づくりに貢献する製品への買換え・サービスの利用・ライフスタイルの選択など、
地球温暖化対策に資する「賢い選択」をしていこうという取り組み情報を配信。
他社のCSR情報 同上 他社の事例をピックアップし配信。