現在のページはホームの中のサービスの中のデマンド閲覧サービスです。

デマンド閲覧サービス

左のボタンからデマンド閲覧サービス「ログイン」画面にアクセスし、デマンド設定を変更しましょう。

【ログインに必要なもの】
日本テクノが提供するお客さま用の“ID”と“パスワード”が必要となります。 お客さまのID・パスワードがご不明の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


インターネットを通じて、ご契約いただいている事業場の電力使用状況を閲覧・分析できるサービスです。前日までのデータを30分単位で閲覧でき、目標設定値の変更など省エネ活動の計画・実行・評価・改善のプロセスをサポートします。複数の事業場でご契約の場合は、グループ検索や比較など一括管理が可能です。
デマンド値が目標設定値を超えてしまった際や、実際の使用状況との乖離が大きい場合などは、ご登録のメールアドレス(最大6つ)へ情報をお届けします。また、オンラインサービスのため、専用サーバーやソフトウェアをご準備いただく必要がないのが特長です。

■取得する基本データ
□デマンド値(kW)□電力使用量(kWh)□電気料金(内訳確認)□電灯・動力(kVA)□CO2排出量(kg‐CO2)□原油換算(kl)□最高気温・最低気温 □日の出、日の入り時間、日照時間 □湿度


■グラフの種類

電気料金の計算方法

毎月の電気料金は、「基本料金」と「電力量料金」の合計額に、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を加え算出されます。

1ヵ月分料金の計算式

電気料金 = 基本料金(kW)+電力量料金(kW)+再生可能エネルギー発電促進賦課金

※電気料金には消費税などの相当額が含まれます

基本料金 料金単価 × 契約電力(kW) ×(185 -力率)/100
電力量料金 電力量料金単価(円/kWh) × 使用電力量(kWh) ± 燃料費調整額

燃料費調整制度は、燃料[原油・LNG〈液化天然ガス〉・石炭]の価格変動に応じて電気料金を調整する仕組みです
燃料費調整額は、燃料費調整単価(円/kWh)に使用電力量(kWh)を乗じて算出します

契約電力(kW)の決定方法

高圧500kW未満のお客さまの毎月の契約電力(kW)は、メーターの計量値に基づき実量制により決定されます。実量制とは、最大需要電力計の組み込まれた電子式電力量計で、お客さまが使用された30分ごとの電力量の平均を計量し、そのうち月間で最も大きい値を最大デマンド値・最大需要電力としています。当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値が契約電力となります。

■ X年5月は、当月の最大需要電力が契約電力となります。電気使用開始から1年未満の各月の契約電力は、電気使用開始月からその月までの最大需要電力のうち最も大きい値となります。
■ 実量制度とは、お客さまが年間で最も多くご使用いただく量に合わせ電気を準備する必要があります。そのため、電気のご契約は1年間の最大需要電力を基準として決定されます。

ポスターダウンロード

商品やサービスに関して、ご不明点などございましたら
以下より、お気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ

0120-107-428 受付時間:月曜~金曜:9:00~17:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)

メールからのお問い合わせ

Webフォームからのお問い合わせ

システムやサービスに関するお問い合わせ・資料請求

弊社に関するお問い合わせ・資料請求

省エネに役立つサービスが充実!