簡単操作

名部の名称

※警告
換気や風通しが不十分で排気ガスがこもる場所ではエンジンを始動しないでください。
エンジンを始動する前に電気機器を接続しないでください。

燃料(自動車用レギュラーガソリン)の量を点検します。
燃給油キャップつまみをOPEN(開)にします。

燃料コックレバーを開にします。

エコノミックスイッチを切(解除)にします。

チョークレバーを始動にします。
エンジンが温まっているときはチョークレバーは始動にする必要はありません。

エンジンスイッチを運転の位置にします。

始動グリップを軽く引き出し、始動グリップが重くなった状態から勢いよく引いてエンジンを始動します。
※注意
始動グリップを引くときは、発電機が倒れないように手でハンドルを押さえてください。 始動グリップを戻すときは、ゆっくりと戻してください。

エンジン回転数が安定したらチョークレバーを運転にします。
しばらく暖機運転します。>
※要点
始動グリップを数回引いてもエンジンが始動しないときは、チョークレバーをもとに戻して始動グリップを引いてください。


屋内では絶対に使用しないでください!

SPG12Ai・SPG30Aiはガソリンを使用した発電機です。排気ガスには一酸化炭素が多く含まれています。 換気の悪い場所での使用では一酸化炭素中毒をまねく恐れがあるため、必ず換気の良い屋外で使用してください。
  • ご使用上の注意点
  • お問い合わせ
  • PSEマーク
  • Q&A
  • Q&A
  • 日本テクノオンラインショップ
  • 気化熱式省エネ冷風機「EAC1.5A」
  • 電気の「見える化」SMARTMETER ERIA
  • キュービクル保安点検・新設サービス
  • 日本テクノエンジの太陽光発電