サステナビリティ

健康経営への取り組み

健康経営優良法人

当社は経済産業省が推進する健康経営優良法人2020(大規模法人部門)に認定されました。 健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰する制度です。

健康経営優良法人 ロゴ
認定証

※クリックするとPDFが開きます

健康経営宣言

日本テクノグループは、健康経営への取り組みを経営方針の重要事項のひとつとして位置づけ、従業員一人ひとりの健康を貴重な財産、重要な経営資源と認識し、従業員の安全、健康の確保、快適な職場環境の形成、ワークライフバランスの支援を行い、従業員の健康を組織で支える健康経営を推進し、健康保持・増進に取り組みます。

健康経営への取り組み

日本テクノ健康経営の推進にあたり、以下の項目に重点的に取り組み、PDCAサイクルを確立していきます。

1.健康増進への取り組み
定期健康診断受診率100%を目指します。また、生活習慣病の予防と改善のため、特定保健指導の推進を積極的に行います。

2.快適な職場環境づくり
従業員が自らの能力を最大限発揮できるよう、働きやすい職場や制度の整備に努めます。

3.メンタルヘルスケアの推進
こころの健康保持増進と活気のある職場環境づくりのため、メンタルヘルス向上推進活動を実施します。

4.ワークライフバランスの推進
労働時間短縮、年休取得促進、育児・介護支援等、仕事と家庭の両立への取り組みを推進します。

5.安全衛生活動にかかわる取り組み
安全教育やリスクアセスメント活動を強化し、労働災害の減少に努めます。

2019年8月1日
日本テクノ株式会社
代表取締役社長 馬本 英一