現在のページはホームの中の社会・環境への取り組みの中の環境・CSR活動への取り組みです。

環境・CSR活動への取り組み

COOL CHICEへの取り組み・参加事項

「COOL CHOICE」とは、2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、低炭素な社会づくりに貢献する製品への買い換え・サービスの利用など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」のことです。当社では、電気の「見える化」、「理解(わか)る化」で、我慢が必要な節電からムダな電気を省く賢い省エネ実現を支援しています。お客さまへの電力コンサルティングを通して、省エネ活動を継続的に支援し、生産性の向上および効率的でムダのない、賢い電気の使い方をご提案しています。

環境省の取り組みの一環で、「COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン」にも加盟し、社内での啓発活動や教育を実施しています。

京都議定書算定期間を終え、新たな枠組みのなか、 2013年、温室効果ガス削減目標を日本政府として掲げることになりました。
わたしたち日本テクノは電力で環境に貢献する企業として、政府が主導する「Fun to Share」に参加し、社内外に環境保全の輪を広げるべく環境コミュニケーション活動を積極的に推進しています。


オフィスの省エネ

全国のオフィスにおいて、5S活動の実施・電気使用量の削減・コピー/OA用紙の使用量削減・ごみの分別の徹底と削減を実施しております。


環境に優しく安全な運転の推奨

日本テクノの社員が道路上の法令を遵守し、環境に優しい運転を心がけるため、社用車の運行状況やルート、運転時間を完全に見える化し、管理を徹底しています。 それに伴い、速度オーバーや急ブレーキが減り、安全性の向上だけでなく、燃費も改善され、コストやCO2の削減につなげています。



東日本大震災被災地に対しての日本テクノの取り組み

社内義援金募集について

日本テクノ株式会社および日本テクノ協力会 日電協では、2011年3月11日に発生した東日本大地震の被災地および福島原子力発電所避難地域に在住する日本テクノ社員および日電協に所属する技術者と、そのご両親および配偶者のご両親に対して、家屋の半壊、全壊および福島原子力発電所避難地域の方々を対象に、役員、社員、技術者より義援金を募集することを決定しました。集められた義援金は、該当者に分配いたします。