現在のページはホームの中のお知らせの中の11万kW級の天然ガスエンジン発電所が営業運転を開始 日本テクノ第二の自社発電所始動で、電力の安定供給体制を強固にです。

お知らせ

11万kW級の天然ガスエンジン発電所が営業運転を開始 日本テクノ第二の自社発電所始動で、電力の安定供給体制を強固に


上越運転開始リリース-1.jpg
日本テクノ株式会社は、新潟県上越市に天然ガスエンジン発電所「日本テクノ上越グリーンパワー」を建設し、121日(火)より営業運転を開始しました。


同発電所は、20128月に千葉県袖ケ浦市で運転を開始した「日本テクノ袖ケ浦グリーパワー」に続く、第二の自社発電所。「カワサキグリーンガスエンジン」(KG-18-V14基による11kW級の発電所です。


日本テクノでは、電源開発を進め、顧客への電力の安定供給体制を固め、国内のエネルギー基盤強化に寄与してまいります。



「日本テクノ上越グリーンパワー」の概要

所在地:新潟県上越市頸城区上吉字本田152-4(県営南部産業団地内)

敷地面積:17,000.04

延べ床面積:3,311.05

機関本体:川崎重工業株式会社製 グリーンガスエンジンKG-18-V

発電出力:11kW17,800kW×14基)

運転開始日:2015121日(火)

特徴

・世界最高の発電効率:燃焼室形状の最適化とシリンダ毎の個別制御、過給器に可変ノズル型を採用することで、発電効率49.5%を実現。

・優れた環境性能:排出ガス中のNOx(窒素酸化物)値は200ppm以下(O20%換算)と低く、環境性能においても世界最高レベル。

・高い部分負荷効率と広い運転範囲:高い運用性を実現するために運転領域を30100%まで広げ、部分負荷においても高い発電効率を維持。

・急速起動対応:起動指令から10分以内に定格負荷に達し、電力需要に応じた柔軟な出力調整が可能。