お知らせ

ニュースリリース会社情報

一般家庭向け電力販売(従量電灯) キャンペーン(第2弾)スタート

「プレミアム・プレフィックス 1,000世帯限定キャンペーン」
想定外の市場価格高騰も完全リスクヘッジ

prepre1000_20220610.png

電気に関する総合サービスを提供する日本テクノ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:馬本英一、以下、日本テクノ)では、一般家庭向け電力販売(従量電灯)において1,000世帯限定で契約メニュー「プレミアム・プレフィックス」のお申し込み受付を開始します。

「プレミアム・プレフィックス」は、年に6ヵ月は一般社団法人日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格(約定価格)に連動する料金(市場連動型)※1となり、残りの6ヵ月は単価が固定された料金(固定単価型)※2が自動で切り替わる契約メニューです。お客さまにはお申し込み時に市場連動型と固定単価型をそれぞれ6ヵ月ご選択いただきますが、市場連動型選択月に市場連動型料金が固定単価型料金を上回った場合は、電気料金が固定単価型料金(3段階)に基づき算定した金額となります。
急な気温の変動や自然災害、発電所のトラブルなど、想定外の市場価格高騰が起こっても安心の完全リスクヘッジ型メニューです。また固定単価型の料金月は15%の需給管理コスト※3が無料となります。

prepregraph_20220610.png

「プレミアム・プレフィックス 1,000世帯限定キャンペーン」の概要

対象 一般家庭向け(従量電灯)をお申し込みいただくお客さま
内容 1,000世帯限定にて、契約プラン「環境かんきょう 市場いちば※4でんき(CO2フリーメニュー)」・「市場いちばでんき」契約メニュー「プレミアム・プレフィックス」のお申し込みを受け付けます。
受付開始 7月1日(金)よりお申し込みの受け付けを開始します。
URL https://denki.kankyo-ichiba.jp/

日本テクノでは、昨年10月8日に株式会社那珂瓦斯発電所の発行済株式のすべてを取得し、2022年4月1日より本発電所の発電量全量を当社の供給力として運用しています。本キャンペーンはこれを記念したキャンペーンの第二弾です。
本キャンペーンを通して日本テクノでは、一般家庭向け電力販売の契約プラン「環境市場でんき(CO2フリーメニュー)」の推進による再生可能エネルギー比率の向上をめざします。あわせて利用者さま自身が「上げ下げデマンドレスポンス(DR)※5」による上手な電気の使い方を採り入れることで、再生可能エネルギーの効率的な活用の機会が広がることを願っています。
なお今回は、契約プラン「市場でんき」(CO2フリーなどの環境価値は有しません)も、本キャンペーンの対象となります。


※1 市場しじょう連動型れんどうがたとは
JEPXの市場価格(約定価格)と連動して変動する電気料金メニューです(30分ごとに電力量料金(スポット購入料金)が変動します)。日本テクノがお客さまに代わりJEPX(国内唯一の会員制電力取引市場)で取引を行います。
なお、市場連動型については、夏季(79月)および冬季(123月)は電気の需要が高まり、市場価格が上昇しやすい傾向があるため、日本テクノでは電気の需要が少ない傾向がある春(46月)または秋(1011月)からの供給開始をおすすめしています。ただし、春または秋であっても、電気の需要と供給のバランスなどによっては、突発的に市場価格が上昇する場合もあります。

※2 固定単価型(3段階)とは
需要場所を管轄する旧一般電気事業者の公表料金メニューの基本料金単価および電力量料金単価を適用して電気料金を計算します。この公表料金メニューにおける基本料金単価および電力量料金単価が改定された場合には、改定後の各単価を適用して電気料金を計算するものとします。なお、市場環境の変化および公表料金メニューの改定、託送供給等約款の変更などが生じ、料金メニューの改定が必要な場合には料金が改定される場合があります。

※3 需給管理コスト
契約プラン「環境かんきょう市場いちばでんき(CO2フリーメニュー)」および「市場いちばでんき」の契約メニュー「プレミアム・プレフィックス」でご契約いただいた場合、固定単価型料金(3段階)の期間に限り需給管理コストがかかりません。市場連動型料金の需給管理コスト[接続対象電力量×契約約款記載の単価(税別)]に関しては、約款に記載にしています。

※4 「環境かんきょう市場いちばでんき(CO2フリーメニュー)」は非化石証書の効力を付加することで実質的に二酸化炭素排出量がゼロ(実質CO2ゼロエミッション)の電源の契約プランとなりますが、当社の実際の電源構成とは異なります。当社の電源構成においては、水力、火力、原子力、再生可能エネルギー、FIT電気などが含まれる予定です。電源構成の実績については当社Webサイト(https://www.n-techno.co.jp/service/retail.html)にて適宜公表しています。
環境市場でんきWEBサイト(https://denki.kankyo-ichiba.jp/

※5 上げ下げデマンドレスポンス(DR)とは
日本テクノでは、JEPXの市場価格(約定価格)の変動を理解いただき、お客さまが上手に電気の使い方をコントロールすることを「上げ下げデマンドレスポンス(DR)」と呼びます。デマンドレスポンスで効率的なピークカットとピークシフトを行うことで、需給ひっ迫の解消に寄与するとともに、非効率な火力発電の焚き増しなどが不要となり、中長期的に効率的な電力システムの構築につながることが期待されます。
需給状況に合わせ、市場価格が安い時間帯は電気を積極的に使用し、市場価格が高い時間帯は使用をできる限り控えていただくことで電力量料金の引き下げを図り、既存の再生可能エネルギーを効率よく活用することにつながります。


【日本テクノ 会社概要】
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル53階
TEL:03-3349-1111(代表)  FAX:03-3349-1112
設立:1995年4月4日
代表者:代表取締役社長 馬本 英一
総顧客数:約64,000件(2022年4月1日現在)
従業員数:1,250名(2022年4月1日現在)
事業内容:発電・小売電気事業
     高圧電気設備保安管理・点検業務
     キュービクル常時監視システム販売および電力コンサルティング
     電気料金自動検針
     ビジネスマッチング(M&A)に関する仲介、斡旋および支援業務
URL:https://www.n-techno.co.jp


【このニュースリリースに関するお問い合わせ、取材申し込み先】
日本テクノ株式会社 広報室
TEL:03-5909-5128
E-mail : info@n-techno.co.jp