現在のページはホームの中の会社情報の中の日本テクノの自社発電所です。

動画で見る日本テクノ

2012年8月、千葉県袖ケ浦市に国内最大規模の天然ガスエンジン発電所「日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー」が全面運転。2015年12月には、「日本テクノ上越グリーンパワー」が営業運転を開始しました。

電気の安定供給の一翼を担う新電力の代表プレーヤーとして、電気・環境の両面からさらなる貢献を目指していきます。

日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー・上越グリーンパワーとは?

発電出力7,800kW、世界最高の発電効率49.5%を誇る高効率タイプの「カワサキグリーンガスエンジン」(KG-18-V)14基で構成される11万kW級の発電所。14 基の組み合わせにより、需要状況に合わせながら常に高い発電効率を維持し、柔軟に出力調整を行える発電所は、電気設備の保安管理、省エネ支援事業、電力供給を通じ、お客様への電力安定供給に資するべく活動する日本テクノにとって大きなメリットとなっています。上越グリーンパワーは国内最大級の埋蔵量を誇る南長岡ガス田で採取された天然ガスを一部利用しています。

特徴

・世界最高クラスの発電効率49.5%、NOx排出量200ppm以下(O2=0%換算)を誇る環境性に優れたガスエンジンを採用。

・起動指令から10分以内に定格負荷到達が可能。運転範囲は30~100%と広く、部分負荷においても高い発電性能を維持。

・大気による出力への影響が極めて小さく、電力需要の大きい夏季においても出力低下、効率低下が少ないため、高い発電性能を維持。

・複数台の特性を生かした定期的な順次メンテナンスと効率的な運用により、発電所運営面でのリスク低減が可能。

エネルギー基盤の強化

いま懸念されている自然変動電源の大量導入において、起動力のある天然ガスエンジン発電所を太平洋側(袖ケ浦)と日本海側(上越)に保有しているのが当社の強みです。いずれも地域の電力系統の安定に大いに貢献できるのはもちろん、非常時においても需給調整ポテンシャルを持ったエネルギー基盤の強化に資する発電所です。

設立までの経緯

日本テクノは2009年6月から電力小売事業を展開していますが、供給する電力は卸売事業者との相対契約や卸電力取引所の活用など外部からの調達を主としてきました。昨今の電力需給状況から、自社小売顧客への安定供給継続と東日本エリアにおける電力不足解消に貢献する目的で、11万kWの発電所の建設を決定し、2012年8月16日に全面運転を開始しました。この事業は今後のガスエンジンの様々な可能性を模索するうえでも重要な役割を担っており、より高い発電効率と需要への柔軟な対応性を模索していく活動となっています。将来的には、再生可能エネルギーを含め多種多様な電源の電力系統への流入が予想されるなか、これらの電源の調整弁としての役割も担える可能性があり、そこから得られた結果を将来の電力ビジネスの発展へも役立てたいと考えています。

空撮動画

袖ヶ浦グリーンパワー紹介

日本テクノ袖ケ浦グリーンパワーの全景が見わたせます。