商品・サービス

デマンド閲覧サービス

インターネットを通じて事業場の電力使用状況を分析できるサービスです。前日までのデータを30分単位で閲覧でき、目標設定値の変更など省エネ活動の計画・実行・評価・改善のプロセスをサポートします。オンラインサービスのため、専用サーバーやソフトウェアをご準備いただく必要がないのが特長です。

ログイン

リニューアル版

リニューアル版デマンド閲覧サービスは2019年1月25日に公開しました。文字の大きさや動作スピードなどを改善し、グラフへの手書き入力、PDF出力といった新機能も追加しています。

※従来版をご利用の方は下記よりログインください。
従来版 ログイン>

リニューアル版画面

ログインに必要なもの

お客さま用の“ID”“パスワード”が必要です。ご契約時にお送りしております「デマンド閲覧サービスのご案内」にてご確認いただけます。
お客さまのID・パスワードがご不明の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

新規のご登録

デマンド閲覧サービスを初めてご利用いただく場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
※ご契約の内容や条件によりご利用いただけない場合があります。

デマンド閲覧サービスの機能

前日までの電力の使用状況を30分単位でグラフ表示し、省エネ活動の成果を「見える化」。分析・検証を繰り返すことで、設備の稼働状況や効率が把握でき、次の省エネ対策を立案しやすくなります。

デマンドグラフや使用電力量グラフで前年比較。ボタン1つでPDFデータへの変換も可能なため、たとえば印刷し廊下や給湯室、タイムカード置き場へ掲示するといった情報共有を実現します。
また、複数の事業場でご契約の場合は、グループ検索や比較など一括管理が可能です。
需要電力量(デマンド値)が目標設定値を超えてしまった際や、実際の使用状況とのかい離が大きい場合などは、ご登録のメールアドレスへ情報をお届けします。

機能イメージ

電気料金の計算方法

電気料金の仕組みを理解して運用改善を行う

電気料金は、「基本料金」と「電力量料金」の合計額に、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」をくわえ算出します。
電気料金を見直すには、まず「仕組み」を理解し、運用改善を行う必要があります。
※料金には、消費税相当額が含まれます。

電気料金の算出方法 図

契約電力の決定方法

電力会社との取り引きで使うデマンド値とは、30分間という区切られた時間(時限)での平均電力値を意味します。このデマンド値が基準となり、契約電力が決定します。

当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうちもっとも大きい値が契約電力となります。常にデマンド値を平均的に保つことが上手な電気の使い方につながります。

「デマンド値」と契約電力の決定方法 図

電力会社は最大需要電力計の組み込まれた電子式電力量計で、使用した30分ごとの電力量の平均を計量し、そのうち月間でもっとも大きい値を最大需要電力(デマンド値)としています。

当社独自の省エネメソッド「上手な電気の使い方」は、1日24時間を30 分ごと(1日48コマ)に分けて、それぞれの時間に合った使用電力の目標を設定することで、電力ピーク(高さ)と使用電力量(面積)を下げられます。時間帯・季節・事業場の環境に合わせて具体的な目標を設定でき、現場における無理のない省エネ活動を実現します。

kWh面積総量見直し
上手な電気の使い方 グラフ

お気軽にご相談ください