商品・サービス:特別高圧外部選任サービス

特別高圧外部選任サービス

電気主任技術者の外部選任サービス

大規模工場やビル、風力発電所、太陽電池発電設備(メガソーラー)など、特別高圧ならびに高圧の電気設備を設置している事業場へ、電気主任技術者を外部選任します。


日本テクノの「外部選任サービス」

特別高圧の自社選任業務はアウトソーシングする時代です。

脱炭素という世界的な潮流のなかで、日本も脱炭素政策へと舵を切り、大規模な太陽光発電所や風力発電所の新設が続いています。また、インバウンド事業の推進によるホテル建設や、海外における人件費高騰・サプライチェーンの安定を鑑みたうえでの国内回帰により、大規模工場などの増加も今後見込まれています。
一方、電気設備の維持・管理に必須となる電気主任技術者は団塊世代の引退や若い世代の電験受験者数の減少により、保有者の数も減っています。今以上にその雇用が難しくなっているのです。
日本テクノグループは、約1,500人以上*の電気主任技術者を抱え、高圧・特別高圧で57,592件*の電気設備管理実績を有します。貴社の電気設備も当社の「外部選任」に安心してお任せください。
(*2022年1月1日現在)

このような課題やお悩みを解決します

悩み
悩み
現在の電気主任技術者が定年や転職の予定で後任がいない
悩み
日本テクノに所属する豊富な電気主任技術者により、未選任状態を回避します
悩み
電気主任技術者の募集や確保でいつも苦労している
悩み
ご依頼から3ヵ月で、日本全国どこでも外部選任のご提供が可能です
悩み
電気主任技術者はいるが、原則週40時間の常駐ができていない
悩み
法令順守を第一に、週40時間の常駐や保安規程どおりの点検業務などを実施します
悩み
特別高圧の設備管理が不安、他業務が忙しくて専念できない
悩み
本来の電気主任技術者の業務である保安規程に基づいた電気設備の維持管理業務を設置者さまと確立します

当社の外部選任サービスをご活用いただくことで、電気主任技術者の急な離職などに際して資格保有者の採用に悩む必要がありません。日本テクノ社員としてご契約事業場に常駐するため、電力会社や産業保安監督部との交渉のお手伝いももちろん行います。また、担当の技術者が苦手な分野の課題が出てきたとしても、日本テクノグループが 抱える1,500人以上の電気主任技術者のさまざまな業種での経験やノウハウで、その課題を克服す るために全力で取り組みます。なお、保安員として電気設備の日常点検の業務を行う電験三種以上保有者のご用意も可能です。

その他日本テクノでご提供できること

・試験業務
・特別高圧を含む電気工事
(100%子会社の日本テクノエンジによる対応となります)
・保安規程、単線結線図、点検内容などの見直し
・新設時の安全管理審査などの対応
・電気設備増設工事の対応
・保安員(電験三種保有者)の常駐

【管理実績】全国でご利用いただいています

当社の特別高圧外部選任サービスは、大規模工場やメガソーラー、風力発電所など、全国各地でご利用いただいています。
(2022年6月1日現在)

管理実績60件以上
工場
工場・商業施設
23都道府県 42ヵ所
メガソーラー
太陽光発電所
11都道府県 12ヵ所
風力発電所
風力発電所
2都道府県 3ヵ所
火力発電所
火力発電所
5都道府県 6ヵ所


【導入事例】三菱UFJリース株式会社(サンシャインエナジー湧水発電所)さま

メガソーラー発電所(発電容量25.8MW)|鹿児島県姶良郡湧水町

「以前の電気主任技術者に引き続き点検をお願いしていましたが、新たな技術者探しは難航し、困っていました。日本テクノに話を聞いてみると、幸い同所への技術者派遣が可能であったほか、電気に関する総合サービスを提供しているので、他にも相談に乗っていただけそうという安心感もありました。実際、今までトラブルはなく発電所を維持できており、満足しています。」

イメージ図

お気軽にご相談ください


【Note】電気主任技術者の「選任」と「外部選任」
高圧受変電設備の保安点検は外部委託が可能ですが、外部委託の要件から外れている場合は、電気主任技術者を選任(常駐)し、保安管理にあたる必要があります。また、外部委託が可能でも電気面の安全を考え、あえて常駐による選任にしている事業者も多くいらっしゃいます。
常駐による選任の場合、電験資格を保有する自社の社員に任せることが一般的ですが、電験資格保有者の絶対数が少ないのが実情です。自社で選任できない場合、日本テクノなど外部の資格保有社員に選任業務を任せることもできます。これを「外部選任」と言います。